原因が分かれば対処がしやすくない

LARGOマリン水道

台所でよくある水トラブルについて

キッチンで水漏れが発生してしまった時、不具合を起こしてしまった原因がわからなければ適切に解決することができません。今回は、キッチンの水漏れの原因と対処法を大きく区別してご紹介します。
●シンク下からの水漏れのケース
排水栓を取り付ける穴、シンクのピンホールの穴、排水トラップとシンク・排水ホースのつなぎ目、排水ホースの不具合、排水管と蛇口のつなぎ目が主な水漏れを起こす原因となる箇所で的確に見極めた上で相応の対処を施す必要がでてきます。
排水栓を取り付ける穴やシンクにピンホールが空いてしまった穴などですが、これは、シンクにずっと物を置いていたり経年劣化によって排水栓とシンクの隙間にパッキンが付着して劣化と伴い穴が開いてしまうケースです。例えば、塩素系洗剤や漂白剤を使うと穴が開いてしまう可能性が高まります。小さな穴であれば補修パテを使用すると穴を塞げますのでホームセンターなどで購入してきて穴が開いてしまった部分にパテ埋めをしましょう。
使用前には、穴の周りのサビをやすりなどを使って落としておくと最善なのですが穴が大きい場合には、錆を落とすことで穴が開いてしまっている部分が広がってしまうことになるので注意が必要となってきます。また、パテ埋めする時には十分に水気を乾かしてからパテ埋めしてください。
排水トラップとシンクのつなぎ目で発生してしまった排水トラップと排水ホースのつなぎ目です。この箇所には、パッキンが取り付けられていて水漏れを防ぐ役割をしています。
その部分を止めているナットの緩みや経年劣化によるパッキンが硬くなったことで隙間から水が漏れてしまうことが原因とされています。この場合にはパッキンを交換をすることによって解決する場合があります。
排水ホースのヒビや穴ですが排水ホースが長年のご使用によって劣化してしまい傷もつきやすく硬化することによって、ちょっとした衝撃で亀裂が入ってしまうなどの不具合が生じてきます。ちょっと下水漏れであれば防水テープで応急処置はできますが長年使っていることを鑑みた場合には早めに新しい排水ホースを購入して取り換えたほうがいいでしょう。
次に給水管からの水漏れとなる主な原因ですが、ナットの緩み、シールテープの劣化、パッキンの劣化や破損や亀裂があります。
ナットの緩みの場合には、ナットを締めることで解決することが可能です。シールテープやパッキンは長年ご使用になっていると劣化してしまいますので交換をすれば簡単に解決することができます。

蛇口からの水漏れの場合には、シングルレバー混合水栓の水漏れしている原因を見極める必要は出てきます。例えば、接続部のパッキンやバルブカートリッジの劣化で起きていることが多く見受けられます。
ハンドル混合水栓の水漏れの原因は、接続部のパッキンの劣化やナットの緩みが原因で水漏れが起こります。

自力で対処しても水漏れがしてしまう場合には、無理に作業することをやめて専門業者に修理依頼したほうが無難でしょう。また、シンクに穴が開いてしまう原因として多いのがシンク本体が長年ご使用になっていることにより劣化してしまっていることがほとんどです。ちょっとしたことで穴が開いてるのであればパテ埋めを行うことで解決することができますが異なる場所で同じように穴が空いてしまうようでしたら、シンク交換を検討してください。


北海道出張対応地域
厚別区 北区 清田区 白石区 中央区
手稲区 豊平区 西区 東区 南区
水道のトラブル解決
石狩市 岩見沢市 恵庭市 江別市 小樽市
北広島市 千歳市 苫小牧市 富良野市 滝川市
水まわりの修理対応
深川市 旭川市

料金表

修理完了までの手順
総合サポート受付
copyright©2019 札幌の修理隊(LARGO) all rights reserved.