寒くなる前に不具合箇所は修理しておく

凍結防止対策

水抜きをしておく
水道やボイラーなどの水を使う設備位には必ずといっていいほど「止水栓」や「水抜き」が設置されています。寒くなる前に水抜きをすることで水道管内に水が溜まりにくくなり水道管の凍結リスクを回避することができます。

水道管を保温する
水道管を温めることも寒冷地としては重要な対策となります。氷点下4度以下になると蛇口や給湯器の水道管が凍結しやすくなるため、そういった個所の水道管に電熱器やタオルなどを巻いて保温をするのがいいでしょう。タオルを巻くだけで外気を遮断することができるので応急として有効で水が凍結しにくくなります。

水を出しておく
水を常に少し出しておくと水道は凍結しにくくなります。デメリットとして水道代がかかるという身銭が必要となろますが個々の蛇口や給水装置から水を少量だけ出しておくことで凍結を予防することができます。水ではなくお湯を出しっぱなしにして何時間も放置しているとガスの安全装置が作動する可能性があるので注意が必要となります。

水道管をこまめに拭く
水道管の濡れているところをこまめに拭くように心がけましょう。水滴というのは予想以上にものを冷えさせるもので地道な作業ですが効果があります。

水道凍結防止グッズを使う
水道管を温めるためのヒーターや保温テープなど寒冷地用に水まわり製品を扱うメーカーから水道凍結防止グッズがたくさん販売されているので利用するのもいいでしょう。


凍結を解消する時の注意点
水道管の凍結が起きて解消する時に注意してほしいのが短時間で凍っている部分を溶かそうとして熱湯を直接かけることです。直接的に熱湯をかけてしまうと熱膨張の関係で水道管が破裂しやすくなり余計な修理費用がかかること少なくなく注意が必要となります。そのためタオルを巻いてから間接的に対処し熱湯ではなくぬるま湯で地道に溶かすようにしましょう。


札幌市 厚別区 北区
清田区 白石区 中央区 手稲区
豊平区 西区 東区 南区
北海道出張対応地域
石狩市 岩見沢市 恵庭市 江別市
小樽市 北広島市 千歳市 苫小牧市

料金表

総合サポート受付

copyright©2019 LARGOマリン水道 all rights reserved.