少し流しておけば改善する場合もある

LARGOマリン水道

色のついた水が吐水してくる

一般的に水道の水が濁っている時の水の色といえば白い水が出てくることが多いでしょう。しかし、水道管の状態によっては、白い水だけではなく赤茶色の水が出てくることもあります。
蛇口から色のついた水が出てきたら、なに色の水が出てくるのかを確かめておくことが重要なポイントとなります。水の色によって、ある程度原因を特定することができます。しかも原因が特定できれば対処法も判別することができてくるわけです。
白い水が出てきた場合には、水に空気が混じった一時的な現象である可能性も高いので少しの間水を出しっぱなしにしておくことで解消することが大多数です。
白い水は空気と水が混ざることで発生する現象で寒い時期やシャワーを使うとよく見られる現象です。一時的な現象であれば特に問題はありません。しかし、少し灰色っぽい水が出てくる場合には、水が汚れている可能性を考えてください。また水が汚れている場合も、一時的な状態であれば水を流し続けることで正常に戻ることがあります。
しかし、長期間続けて白濁した水が流れ出てくる場合には、水道配管に問題が生じているkとおがありますので業者に原因の究明と修繕をお願いをした方が良いでしょう。
赤茶色の水が出てきた場合ですが、これは水道管や貯水タンクの内部が錆び付いている場合や泥などが混入していることがほとんどで問題と言っていいでしょう。泥などが混入している場合には、しっかりと掃除をしなければ改善されないことも多く水を出しても解消しなければ業者に調査を依頼をしましょう。
このように水の色で原因を特定することができます。ですので、蛇口から色のついた水が出てきたときには、何色の水がでてきたかを注意し確認してください。


北海道出張対応地域
厚別区 北区 清田区 白石区 中央区
手稲区 豊平区 西区 東区 南区
水道のトラブル解決
石狩市 岩見沢市 恵庭市 江別市 小樽市
北広島市 千歳市 苫小牧市 富良野市 滝川市
水まわりの修理対応
深川市 旭川市

料金表

修理完了までの手順
総合サポート受付
copyright©2019 札幌の修理隊(LARGO) all rights reserved.