排水管トラブル事例

下水管の高圧洗浄作業を行った施工事例

【現場状況】
排水トラブルを繰り返し2カ月で排水つまりが発生しているとのこと。昨夜に別の水道業者が点検にきたそうですがつまりが解決しなく、お客様から「とりあえず使えるようにしほしいのと頻繁に詰まる原因を見つけてほしい」とのご依頼でした。
全体のトイレが詰まっていて排水してみると、まったく水が引いていかず下水管の詰まりであることを確認。下水桝を開けてみましたが排水がたまっていなく桝より上流での詰まりであることが確認できました。そして、まわりには雑草がたくさんあり、この時点で草の根っこが原因している可能性を疑う。しかも、この便器が男女合わせて6カ所。小便器が2つあるのですが、トイレの周辺に桝がなくかなり離れたとこに1つしかないので判別が困難でしたが、下水管つまりと断定となる。

【作業開始】
管内カメラ調査で雑草で詰まっていることを確認。
桝から管内カメラを使いパイプの内側をのぞいてみるとやはり草の根っこが大量に入り込んでいるのが見えてきました。この状況では、ジェット洗浄では、つまりが解消しないのでワイヤー通管後にジェット洗浄をしないと解消しない状態で厄介でした。
※ 当社では、さまざまな下水トラブルに対応できるように高圧洗浄機・電動ワイヤーや管内カメラなど、さまざまなつまり抜き作業に対応できるように工具を揃えておりますの排水つまりので困ったらご連絡下さい。

まずは、根っこを除去する必要がありワイヤーを使い根っこの除去をひたすら行います。根っこの量は思っていたより少ないのですが根っこが入り込んでいる場所が便器の真下であることがわかってきました。
しかし、和式トイレであるため、洋式トイレみたいに便器を外すこともできないので下水桝からワイヤー通管させ、ある程度、草を取り除くしか手立てがなく排水管交換をしないのであれば再発する可能性が極めて高いことをお客様へご説明しご納得いただきワイヤー通管させた後にジェット洗浄でつまり抜き修理が完了となりました。

和式便器の場合、洋式トイレと異なり取り外しができません。また、草の根が排水管のつなぎ目から入り込んできているのであれば補修するのに掘削やトイレの床を開口するなどしか手立てがありません。和式便器を取り付けるときには、気をつける点だと言えるでしょう。


下水管から草の根を除去



総合サポート受付

北海道出張対応地域
札幌市 厚別区 北区
清田区 白石区 中央区 手稲区
豊平区 西区 東区 南区
石狩市 岩見沢市 恵庭市 江別市
小樽市 北広島市 千歳市 苫小牧市

copyright©2019 LARGOマリン水道 all rights reserved.