液状のものでなくジェル状のものを選ぶ

LARGOマリン水道

黒カビの対処方法について

黒カビは、ヌメリの原因である皮脂汚れや水垢、石けんカスなどにホコリや雑菌が溜まり湿度と相まって発生しやすくなります。黒カビが多く見られるのは浴室であります。浴槽やうち壁の隙間にゴムパッキンがしてあるのですがその部分に付着しやすく、先に赤カビになることが多くあり、その後、黒カビへと移行し黒カビが発生をしていきます。
赤カビから黒髪へ移行しているこの時に、もしも黒カビが生えてしまっていたら、まずは重曹とクエン酸を試してみるのも良いでしょう。まだ根を張っていないのであれば、この2つで綺麗にできることも少なくありません。しかし、根を張ってしまった黒カビですと重曹とクエン酸だけで解消することが困難となってきます。そうなってしまえば、市販の洗剤の出番となりますが、黒カビが発生して長期間放置していない状態であれば解決することができます。
黒カビによく効く市販の洗剤といえば、黒カビ用カビキラーが有名でジェル状の物を使いましょう。塩素系漂白剤の分類に入り、取り扱いのときにはゴム手袋の装着や積極的な換気がすすめられます。それほど薬効が期待できます。ただし、独特の刺激臭や皮膚・粘膜への刺激がありますので肌が弱い人はしっかりとゴム手袋をして無理をしないで対処してください。
使い方は、塩素系漂白剤を黒カビが生えている部分に塗って時間を置いてタワシでこすり洗いをして洗い流します。これだけで厄介な黒カビがほとんど消えてしまいます。あとはしっかりと換気を続け刺激になる成分や臭いを換気してください。
ほとんどの場合はこれで黒カビが解決する事できますが、何年も放置しているとこの方法でも解決しないことがありますので速やかに対処することが望ましいでしょう。

札幌市 厚別区
清田区 白石区 手稲区 豊平区 東区
北海道出張対応地域
電話相談
石狩市 岩見沢市 恵庭市 江別市 小樽市
北広島市 千歳市

料金表

修理完了までの手順
総合サポート受付
copyright©2019 札幌の修理隊(LARGO) all rights reserved.